FC2ブログ

精神科入院中のルール各5選!①治療のため 編【精神科・開放病棟】



精神科病棟は、基本は『治療の場』

その独特?な入院中のルールについて、ご紹介します。

人差し指を出して示す男性医師の写真



1. 入院の種類


精神科入院は、いろんな種類があるそうです。


私は精神科の初診のあと、夫婦で訪れた2回目の診察で「任意入院ということでよろしいですね?」と確認されました。


入院って、他に種類があるんですか?」と尋ねると、次のように説明がありました。


任意入院
本人の希望による入院

医療保護入院
本人の同意がなくても精神保健指定医が診察の結果入院の必要性があると判断し、家族等が入院に同意した場合に行なわれる入院

措置入院
自傷他害(自分で自分を傷つける、他人に危害を加える)の恐れがある場合で知事の診察命令による2名の精神保健指定医が診察の結果、入院が必要と判断した場合に知事の決定によって行なわれる入院



初診で「入院できる」と言われて少し安心した私は、2度目の診察時には声がよく出るようになっていたからか

先生から「前回より元気ですね」と言われ、任意入院になったのでした。


実際は、おそらく結構深刻な状況だったのですが。


それが明らかになるのは、入院後しばらく経ってからでした。



2. 敷地内の外出


主治医からの許可があれば、敷地内に限り1時間以内の外出が許可されていました。


手続きは特になく、ナースステーションに「出かけてきます」声をかけるだけなので簡単。


戻ってきたら、また「戻りました」と声をかけます。

思い立ったタイミングで、ふらりと外出できるのは気分転換にもなって良かったですね。



1時間を過ぎても戻って来なかったら、携帯に電話がかかってくるルールでした。

私は売店を徘徊するのが趣味になっていたので(笑)よく売店に行っていました。


ほかには、主治医に言われて身体を動かすために院内を散歩したり

退院が近くなると、精神科外来を見に行って場所の予習(?)をしたりもしていました。



3. 外出(『届け』あり)


こちらも主治医からの許可が必要。

そして、ちょっと手続きが必要でした。


①『外出届』の紙を看護師さんからもらう

②外出の時間、外出先などを記入する

③前日までに看護師さんに提出する

看護師さんが主治医の許可をもらう

⑤外出OKのお知らせをもらう

⑥外出の時間になったら、ナースステーションに行って外出届と薬(必要に応じて)をもらう

⑦何か困ったときや、帰宅が遅れるときの連絡先(病棟の電話番号)を確認する

⑧外出

⑨戻ったらナースステーションに立ち寄って「何をしたか、どうだったか」について軽く話す

⑩元の生活に戻る



という流れでした。


私は何故か、しきりに主治医から外出を勧められていました。

よく、生活のリズムを整えること、身体がなまらないようにすることについて、よく説明されていたのです。


なので寒空の下、平日はせっせと市役所や本屋さんなどに出掛けていました。

『治療のための外出』という認識でした。



4. 外泊


外出や外泊ができるというのは、長期入院になりがちな精神科ならではのルールかもしれません。


もちろん、外泊主治医の許可が必要です。

手続きの流れは、外出とほぼ一緒。


私は毎週、乳児院に預けている娘に会いに行っていたので

金曜から外泊して自宅に泊まり、土曜日に娘の面会に行ってから帰ってくる生活をしていました。



5. ラジオ体操&レクリエーション


これも、精神科病棟ならではのルールではないでしょうか。


毎日14時になると、患者さんが集まってきます。

看護師さん主導で、ラジオ体操をするのです。


おそらく、生活リズムを整えることと、身体を動かすことを目的としていたと思います。


病棟で、みんなでラジオ体操というのは最初は不思議な光景でした(笑)。


私も、入院が長くなり元気になって意欲が出た頃から参加していました。


そしてラジオ体操で集まった流れで、レクリエーションが始まります。

これも看護師さんが主導して実施されていて、参加するのは大体が女性でした。


私は殆ど参加しませんでしたが(笑)、皆さん輪になってトランプを楽しまれていることが多かったです。

女性はやっぱり、コミュニティができたり、お話しする場ができたほうが俄然、元気になりますよね。


入院したばかりの人も、看護師さんに誘われてレクリエーションに参加して、他の患者さん達と打ち解けている様子でした。



5. まとめ


いかがでしたか?

次の記事では、共同生活に関するルールについて、まとめます。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

産後うつ育児中*陽子

娘:ことり(仮名)はビビりで陽気な2歳前。
育休を1年取得後パート事務に復帰し、現在は週3日の勤務中。
(保育園は「療養」を理由に預けています)


在胎39週、予定帝王切開で低出生体重児を出産直後から深刻な抑うつ状態になり、
約4ヶ月間、娘を乳児院に預け 
約2か月半、精神科に入院し 
育休中の生後4ヶ月から娘を保育園に預けています。

妊娠前から子育てについて自分なりに研究してきました。
これまで学んだことを、はじめての育児で実践中。
『産後うつでも明るい育児』を目指しています。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター