FC2ブログ

産後うつで大学病院の精神科に入院しました。個室の様子は?【精神科・開放病棟】



私は幸い、個室に入ることができましたので

(『治療のために必要』と判断されてのことです。)

どんな感じの部屋だったのかを、ご紹介したいと思います。




1. 広く、あたたかな雰囲気


先入観で『精神科病棟って、どんだけ暗くて古くて荒んだ感じなんだろう』と思っていた私。


部屋に入った瞬間、驚きました。

壁が、木目調なのです!というか、木なんです!

こう、ウッディな感じ。濃いめのカントリー調?

板張りの壁の写真
(こんな壁で、もう少し古い感じ)


グレー一色だった産婦人科の個室と比べると、とても広く、あたたかみを感じる雰囲気


産婦人科の個室は日当たりが悪く気が滅入ったので「日の入る部屋がいい」と希望したからか?

今となっては分かりませんが、日当たりも良く、明るい部屋でした。



2. 洗面台が便利!


事前に『まだ搾乳をする必要がある』と伝えていたからか?

どうなのか?

またもや今となっては分かりませんが、洗面台つきの部屋でした。


結局、入院までに母乳を止めることに成功したので搾乳機を洗ったりすることはなかったのですが

・悪露対策の布ナプキンを予洗いしたり

・お風呂のときにコンタクトレンズの付け外しをしたり

・歯磨きをしたり

・食事に使うお箸やコップを洗ったり



と、とにかく便利でした。


ただ、入院して1ヶ月くらいは蛇口をどっちに捻れば水が出るのか毎回分からなくなって(病気!笑)、苦労しました。



3. 窓のカーテンは開けっ放し


カーテンは、日中は着替えのとき以外は開けておくよう言われていました。


生活リズムを整えるために日光を取り込むことが目的なのかな?

分かりません。


でも、レースカーテンはなかったので、外を歩く人が丸見えでした。

広い窓とベッドの写真
(こんな感じです。)

こちらから見えるってことは、あちらからも見えるってこと。

入院当初の私は「外から中が見えてイヤだ」と看護師さんに訴えたのですが取り合ってもらえず。



仕方なく(?)、持ち込んでいた白い養生テープを、等間隔に広い窓一面に張り巡らせました(病気!笑)。


ところが、これはルール上NGだったらしく

翌日に看護師さんが「(これだけやるって)すごいな…」と呟きながら(笑)無残に剥がしてしまいました。


もはや病院に相談しても仕方ないと思い夫に嘆いたところ

夫は「別に、外から見えて困ることってないんじゃない?」と一言。


何故か『確かに!』と腑に落ちて、その後は気にせず過ごせたのでした。



4. 寝るときは、豆電球で


夜間も、『所在確認』は1時間おきに行われるので

ベッドサイドの照明は豆電球をつけて寝るよう言われました。

真っ暗だと、寝ている姿が見えないからです(笑)。


もともと真っ暗で寝る派でしたが、すぐに慣れましたね。



5. 寝るときは、ドアも開けたままで


これはルールではなく、私個人の都合によるものですが。


個室のドアは開き戸だったので、

夜間の『所在確認』のとき、看護師さんがどんなに頑張っても「カチャン」という音がしてしまいます。


眠りが浅かった私は、どうしても、その音で目が覚めてしまいます。

なので看護師さんからドアストッパーを借りて

寝るときには看護師さんが覗けるくらいドアを開けたままで寝ていました。



6. まとめ


こう書いてみて思ったのですが、精神科入院では、自分の要望を伝えることって大事かもしれません。


看護師さん達は、忙しく病棟の集団生活を運営しているので

どうしても画一的な管理になってしまいます。


精神的な問題で入院している訳ですから

『自分はどういう配慮が必要な人間なのか』を伝えて、できる範囲で対応してもらうことで

治療にも良い効果を生むような気がします。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

eseseve10

無題
ご飯は?

ご飯は、どうでした?

陽子

Re:無題
>eseseve10さん
はじめまして、コメントありがとうございます^^
食事は、いわゆる『病院食』って感じでした。

でも味覚過敏の症状が出ていた私には、ピッタリでした。味覚過敏が落ちついても、薄味派の私には、素材の味が感じられて、とても美味しかったです。
お米もパンも美味しくて、良い素材を使っているのも良く分かりました。

ちなみに私は病院食でしたが、糖尿病や摂食障害など病状に合わせたメニューもあったみたいですよ^^
非公開コメント

産後うつ育児中*陽子

娘:ことり(仮名)はビビりで陽気な2歳前。
育休を1年取得後パート事務に復帰し、現在は週3日の勤務中。
(保育園は「療養」を理由に預けています)


在胎39週、予定帝王切開で低出生体重児を出産直後から深刻な抑うつ状態になり、
約4ヶ月間、娘を乳児院に預け 
約2か月半、精神科に入院し 
育休中の生後4ヶ月から娘を保育園に預けています。

妊娠前から子育てについて自分なりに研究してきました。
これまで学んだことを、はじめての育児で実践中。
『産後うつでも明るい育児』を目指しています。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター