FC2ブログ

【産後うつ闘病日記10】予定帝王切開なのに、入院日と手術日が後ろ倒し!?



最後の妊婦検診になるはずだった、産婦人科クリニックでの37週の検診を終えて。 



その翌週、妊娠38週2日の月曜日。

私は紹介状を持って、朝から大学病院にへ向かいました。



1. 転院の打診


大学病院での初めての診察の前に、まず赤ちゃんの心エコーを受けました。

赤ちゃんの大きさとは別に、『心臓の血管が蛇行している』とのことで

その詳細の確認でした。


看護師さんからは「20分くらいですよ」と言われていたのに、かかった時間は40分。

また少し、不安が募りました。



そして診察です。

あらためて一通りエコーで赤ちゃんの様子を確認したあと、先生は言いました。

「心臓の血管については問題ありませんが、赤ちゃんが小さいですね…

 このサイズであれば、出産後すぐに赤ちゃんだけ救急車で大学病院のNICUへ搬送される可能性があります

 もし、産婦人科クリニックでの出産に強いこだわりがないようでしたら

 大学病院での出産をオススメします。」


それを聞いた私は、私は迷わず

「安心なほうがいいので、転院を希望します」

と答えたのでした。



2. 入院日と手術日が後ろ倒し!?


さて。

その時点で、産婦人科クリニックから大学病院転院は決まったものの

なにせ転院先は大学病院


手術室との調整があるため、その日のうちには入院日&手術日が決まりませんでした。

『後日、お電話にてご連絡します』と看護師さんに言われて、私は自宅に帰りました。


そして後日、看護師長さんから電話がありました。

入院日は、当初の帝王切開予定日だった38週6日に決定。

当初の38週6日での予定帝王切開は、39週2日に延期になりました。


3. いろいろと、大丈夫なのか…


普通は陣痛が来る前に済ませるよう、38週前後での手術になるはずなのですが

(過去に受けた子宮筋腫の手術で子宮にメスが入っていると

 陣痛が来て子宮が強く収縮してしまうと、子宮破裂のリスクが高まるため)

39週での手術になってしまったのです。


な、なんか

いろいろと、だいじょうぶなのか…

カレンダーの日付部分がグシャグシャになったアップの写真



4. まとめ


転院が決まり、結局、予定帝王切開の日も後ろ倒しになってしまいました。 

この『39週2日での予定帝王切開』も後々、私の心身のパニック状態への一因になります。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

産後うつ育児中*陽子

娘:ことり(仮名)はビビりで陽気な2歳前。
育休を1年取得後パート事務に復帰し、現在は週3日の勤務中。
(保育園は「療養」を理由に預けています)


在胎39週、予定帝王切開で低出生体重児を出産直後から深刻な抑うつ状態になり、
約4ヶ月間、娘を乳児院に預け 
約2か月半、精神科に入院し 
育休中の生後4ヶ月から娘を保育園に預けています。

妊娠前から子育てについて自分なりに研究してきました。
これまで学んだことを、はじめての育児で実践中。
『産後うつでも明るい育児』を目指しています。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター