FC2ブログ

【産後うつ闘病日記2】4年もの原因不明の不妊。そして子育てへの不安



昔から『子供が欲しい』と思っていたタイプでした。

『結婚したら、子供は2人で♪』なんて、軽ーく考えていました。




1. 原因不明の不妊と、体調不良


ところが。

結婚して2年経ったころから子供を持つことを考え始めましたが、なかなか妊娠に至らず。

結局それから4年ものあいだ、原因不明の不妊でした。


そもそも結婚前から、万年体調不良でした。

頭痛で薬を飲むのは日常茶飯事。

平日は10:00~17:00のパート事務だけで疲れ果てて、晩ごはんを作れず外食をすることもしばしば。


仕事から帰ったら、身体がしんどすぎて寝てしまい、夜になったら眠れず苦しむのが毎日。 平日の仕事で疲れ果てて、週末は、ほぼ一日中寝ている状態。

ベッドから落ちそうな位置でうつ伏せになっている女性の写真

完全に生活リズムは狂っていました。



2. 子育てへの不安


不妊に悩みながらも、同時に

『こんな、自分のことでも精一杯な状態で子育てなんか出来るんだろうか?』と悩んだりもしていました。


実際、母体に余力がなければ妊娠は難しいような気がします。

私は東洋医学に出会い、毎日を元気に過ごせるようになったころに妊娠しましたので…



また、育った環境から実母との関係も良いとは言えなかったので

『子供が欲しい』と願う気持ちはあるけれども

『自分が母親になること』『子育てすること』に漠然と不安を感じるという

なんともややこしい心情でした。



3.『きっとマタニティ―ブルーや産後うつになるだろうな』


そういう訳で『もし晴れて妊娠したときには、きっとマタニティーブルー産後うつになるだろうなー』

なんて、かなり警戒していましたし

実際、夫にもサラっと宣言していたのでした。

(まさか、ここまで深刻な状態になるとは思っていませんでしたが…!)


ちなみに、『マタニティ―ブルー』という言葉を私は『妊娠中の不安感や憂鬱』だと思っていたのですが

どうも違うらしい。

しかも、正確には『マタニティ・ブルース』と言うらしいです!


▶ マタニティ・ブルースとは?

『お産の後、涙を流した経験のある女性は、大勢いらっしゃるでしょう。

 これは、いわゆるマタニティ・ブルースでは、ほぼ必ず見られるものです。

 他の症状としては、疲れやすさ、集中力の低下、いらいら感、物覚えの悪さがあります。

 一方「産褥抑うつ症」はブルーとは違い、症状が概ね産後2週間以上持続するものを言います。』


 (『一般社団法人 日本女性心身医学会』ホームページより引用)



余談ですが、この日本女性心身医学会の『マタニティ・ブルース』のページはとっても良かったです。

本人の心の持ち方のコツ、周囲の人がすべきこと、周囲の人がしてはならないことについて

わかりやすくまとめてあります
ので、よろしければご覧になってみてください^^



4. まとめ


私は漠然と産後うつになるかもと予感していたのに、発症を防げなかったな』と思っていたのですが

日本女性心身医学会のページ曰く

『産褥抑うつ症は、年齢や人種、経済・社会的背景、健康状態、不妊治療歴婚姻歴、妊婦健診の通院状況、全て無関係に発症します。

つまり、ご本人には責任はありません。』

とのこと。


産後うつと、本人とに因果関係は無いんですね。

『仕方なかった』んだな…。

なんだか、ほっとした気持ちになりました。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

産後うつ育児中*陽子

娘:ことり(仮名)はビビりで陽気な2歳前。
育休を1年取得後パート事務に復帰し、現在は週3日の勤務中。
(保育園は「療養」を理由に預けています)


在胎39週、予定帝王切開で低出生体重児を出産直後から深刻な抑うつ状態になり、
約4ヶ月間、娘を乳児院に預け 
約2か月半、精神科に入院し 
育休中の生後4ヶ月から娘を保育園に預けています。

妊娠前から子育てについて自分なりに研究してきました。
これまで学んだことを、はじめての育児で実践中。
『産後うつでも明るい育児』を目指しています。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター